プログレッシブ・ロックのおすすめアルバム、楽曲、関連話など

   

NHK大河ドラマ「平清盛」に吉松隆編曲によるプログレELPの「Eruption(邦題:噴火)」(アルバム「Tarkus」収録)!

公開日: : 最終更新日:2015/12/02 映像利用曲 , , , ,


NHK大河ドラマ「平清盛」挿入歌にオーケストラ編曲「Eruption(邦題:噴火)」

2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」には、プログレッシブ・ロックの名曲である「Tarkus」の第一パート「Eruption(邦題:噴火)」が挿入歌として利用されていました。

イギリスの5大プログレバンドのうちの1つ:Emerson, Lake and Palmerによる2ndアルバム「Tarkus」の表題曲の冒頭を飾る当曲が、松山ケンイチ扮する「平清盛」の海賊討伐シーンで流れるやいなや驚きを隠せなかった。

インターネットではEmerson, Lake and Palmerの楽曲を利用したとも、大河ドラマ開始前から話題となっており、プログレッシブ・ロックを聴いていた筆者も、楽曲をオーケストラに編曲し、既に2010年にアルバム「タルカス〜クラシックmeetsロック」として発売してた吉松隆さんの存在にも気付いたんです。そして、劇中では「Tarkus」の組曲の一部である「Manticore」や「Aquatarkus」も耳にしました。それでも、最初に耳に触れた「Eruption」の衝撃の方は勝っていましたけれど・・・。

オーケストラ編曲「Eruption(邦題:噴火)」


5分の4拍子で畳み掛ける「Eruption(邦題:噴火)」をオーケストラでエネルギッシュに再現していて、大河ドラマで場面が急展開した時に利用されていたので、楽曲を聴くたびに心弾みました!

大河ドラマといえば「源義経」など悲劇のヒーローなど、歴史の書物を読んでいても、良いイメージを持つ主人公でのドラマの印象が強かったんです。
それが、平氏の庶流である伊勢平氏一派が瀬戸内海の海賊討伐を経て、白河天皇の”御落胤”という説を匂わしながらも、武士としての地位を着実にあげていく「平清盛」は、松山ケンイチの演技も含め、より一層素晴らしく感じました。

太政大臣まで上り詰めた「平清盛」は、世界遺産となる「厳島神社」の、南宋との貿易で宋銭を輸入し国内の「貨幣」流通、神戸港の礎ともなる埋め立て「経ケ島」など、大いなる偉業を成し遂げていきます。「Eruption(邦題:噴火)」をオーケストラによる再現には、当時、誰もが成し遂げることもできなかったことを予兆した「噴火」のように筆者は思えてなりません。

大河ドラマのメイン・テーマも、吉松隆さんでした。

NHK大河ドラマ「平清盛」のメイン・テーマ

そして、インターネット検索をし、吉松隆さんの作曲した楽曲で、個人的にプログレッシブ・ロックを濃く感じるのが「カムイチカプ交響曲(交響曲第1番)」です。

カムイチカプ交響曲(交響曲第1番)


筆者はプログレッシブ・ロックの曲調のうち、抒情性やメロウなジャンルが最も好きですが、いっぽうで「躍動させる」「未来を暗示させる」「これから始まる」を感じさせるプログレッシブ・ロックの「先進性」もいいんですよね。

このレビューを読み、ご興味を持たれましたら、ぜひDVDレンタルなどでNHK大河ドラマ「平清盛」を振り返り見て聴いてみて下さいね!
ぜひぜひ。

関連記事

映画「バッファロー’66」挿入歌にプログレYESの「Heart Of The Sunrise(邦題:燃える朝焼け)」!

映画「バッファロー'66」のラストシーンで流れた曲「Heart Of The Sunrise(邦題:

記事を読む

1981年「ホンダ・アコード」CMにプログレAlan Parsons ProjectのLucifer!

1981年「ホンダ・アコード」CMにAlan Parsons ProjectのLuciferが流れて

記事を読む

ゲスの極み乙女。「ロマンスがありあまる」が映画「スレイヤーズ・クロニクル」主題歌に!

映画「スレイヤーズ・クロニクル」の主題歌「ロマンスがありあまる」 様々な特殊能力(超視覚、超記憶、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プログレおすすめ:ASIA「Astra」(1985年イギリス)

ASIA -「Astra」 第300回目おすすめアルバムは、イギリス

→もっと見る

  • 2017年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑