プログレッシブ・ロックのおすすめアルバム、楽曲、関連話など

   

「Aurora Gone」by Midlake ~癒し系おすすめ楽曲12~

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 癒し系おすすめ楽曲


1日10分だけのページです。

1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、何を聴きますか?

第12回目は、アメリカのプログレ・フォーク系のバンド:Midlakeが2013年に発表した楽曲「Aurora Gone」(4thアルバム「Antiphon」収録曲)です。

オルタナティブ・ロック系のジャンルで語られることが多いバンドですが、実のところ、前作3rdアルバム「The Courage of Others」までのイギリスのいわゆる「木漏れ日フォーク」的な感覚から、4thアルバム「Antiphon」ではより深淵へと導かれたプログレ・フォーク的な楽曲がアルバム後半を彩っていると思います。

今回ご紹介する楽曲「Aurora Gone」はアルバム中盤6曲目に位置し、アルバム前半から後半にかけてより深淵でディープなサウンドへ堕ちる寸前のサウンドを愉しめます。

では、聴いてみましょう。

Midlake -「Aurora Gone」

Midlake -「Aurora Gone」

ファゴットの旋律が寂しげに拡がり、オートハープが絡み合う、続いて12弦ギターとパーカッションがアンサンブルに加わるオープニングは、まさにイギリスの「木漏れ日フォーク」的なプログレ・フォークを想起させてくれます。ダルシマー、フルートなどもアンサンブルに際立つ2分25秒前後からのインスト・パート以降、楽曲はより深淵さに包み込まれていきます。

2010年発表の前作3rdアルバム「The Courage of Others」までメイン・コンポンザーでありボーカルであったTim Smithが脱退し、当アルバムではギターのEric Pulidoがメイン・ボーカルを担当してますが、その優しげに切々と唄うEric Pulidoのボーカリゼーションも合い間って、いつの間にかうたた寝してしまい、夢の中で楽曲を聴いているかのようなサウンドスケープを魅せてくれます。

脱退したTim SmithがJethro Tull、現メンバーは5大プログレバンドの1つ:Pink Floydなど、イギリスのプログレッシブ・ロックの影響があると語っていますが、フルートやファゴットなどの木管楽器をアンサンブルに加えたサウンド・メイキングには、よりJethro Tullやプログレ・フォーク系、アシッド系のエッセンス(Heron、Roger Morris、Mighty Baby、Jimmy Campbellなど)を感じさせてくれるはずです。

それでは次回、第13回目をお楽しみに。

関連記事

「Still Waiting」by Quidam ~癒し系おすすめ楽曲6~

1日10分だけのページです。 1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、

記事を読む

「Conte en Vert」by Terpandre ~癒し系おすすめ楽曲14~

1日10分だけのページです。 1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、

記事を読む

「Video Killed The Radio Star(邦題:ラジオ・スターの悲劇)」by Geoffrey Downes ~癒し系おすすめ楽曲3~

1日10分だけのページです。 1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

John Wetton:詠みて時を感じ其の歌声は永遠に

詠みて時を感じ其の歌声は永遠に 去る2017年1月31日(火)、イギ

→もっと見る

  • 2017年5月
    « 2月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑