プログレッシブ・ロックのおすすめアルバム、楽曲、関連話など

   

「Onward」by Yes ~癒し系おすすめ楽曲11~

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 癒し系おすすめ楽曲 , , , , ,


1日10分だけのページです。

1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、何を聴きますか?

第11回目は、イギリスの5大プログレバンドの1つ:Yesが1978年に発表した楽曲「Onward」(9thアルバム「Tormato(トーマト)」収録曲)です。

当時のYesは、Jon Anderson(ボーカル)、故Chris Square(ベース)、Steve Howe(ギター)、Rick Wakeman(キーボード)、Alan White(ドラム)の5人編成で、故Chris Squire氏の作曲による当楽曲を制作しています。そして、1970年代にYesが制作したスローテンポな楽曲の集大成にあたると云えます。

かなり意訳してしまっていますが・・・。

自分が「伝えれる部分」は相手から自分に返ってきて、逆に、自分が「伝えられない部分」に手を差し伸べてくれるこれから進む暗闇の向こう側には独りで進むことになるかもしれないけれど、それまでの関わり糧が勇気や力となり進めることが出来るかもしれないと感じさせる普遍的な内容ではないでしょうか。

だからこそ、これまでありがとうとも。

では、聴いてみましょう。

Yes -「Onward」

Yes -「Onward」

Steve Howeの弾くギターのスタッカートを効かせたミニマルなフレーズに、Chris Squireのベースラインを中心としたアンサンブルに、オブリガードするフルートのフレーズ、楽曲を包み込むようなホルンなど、管楽器をメインとしたオーケストラが色を添え、穏やかな世界観へゆったりと身を任せてしまいそうなぐらいにリラックスさせてくれます。

歌詞をみれば「I」「Love」「You」など、「愛の唄」と捉えてしまうかもしれません。しかし、その歌詞は、自分にも相手にも共通し愛が溢れ、自分が書き伝える全ては相手を光とたらしめ、その光は自分の人生の暗部をずっと照らし続けてくれる、と意訳解釈してしまいます。

Contained in everything I do
There’s a love I feel for you
Proclaimed in everything I write
You’re the light, burning brightly

Onward through the night
Onward through the night
Onward through the night of my life

Displayed in all the things I see
There’s a love you show to me
Portrayed in all the things you say
You’re the day leading the way

Onward through the night
Onward through the night
Onward through the night of my life

Onward through the night
Onward through the night
Onward through the night of my life

それでは次回、第12回目をお楽しみに。

関連記事

「Still Waiting」by Quidam ~癒し系おすすめ楽曲6~

1日10分だけのページです。 1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、

記事を読む

「Sunset」by Michael Giles ~癒し系おすすめ楽曲15~

1日10分だけのページです。 1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、

記事を読む

「Aurora Gone」by Midlake ~癒し系おすすめ楽曲12~

1日10分だけのページです。 1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

John Wetton:詠みて時を感じ其の歌声は永遠に

詠みて時を感じ其の歌声は永遠に 去る2017年1月31日(火)、イギ

→もっと見る

  • 2017年6月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑