プログレッシブ・ロックのおすすめアルバム、楽曲、関連話など

   

「Galatea」by Moraz and Bruford ~癒し系おすすめ楽曲13~

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 癒し系おすすめ楽曲 , ,


1日10分だけのページです。

1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、何を聴きますか?

第13回目は、スイスのミュージシャン:Patrick Morazとイギリスのミュージシャン:Bill Brufordによるデュオ:Moraz and Brufordが1983年に発表した1stアルバム「Music for Piano and Drums」収録楽曲です。

純粋なプログレッシブ・ロックでの癒し系の楽曲ではないですが、当アルバムは、ただ純粋にジャズをルーツに影響を受けたPatrick Morazのグランド・ピアノとBill Brufordのブラシとドラムによるアコースティックなアンサンブルが楽しめます。中でも楽曲「Galatea」は、ミステリアルさにも不安さを感じつつも穏やかさへと変わる情景を繊細にも描写したような素敵な楽曲です。

では、聴いてみましょう。

Moraz and Bruford -「Galatea」

Moraz and Bruford – Galatea


楽曲全体で仄かにアヴァンギャルド寸前の雰囲気を醸し出しつつも、どことなくミステリアスさに溢れたオープニングに、少し不安な心地にもなるかと思います。

しかし、2分前後から、ブラシをバックに最初に聴ける切なげなメロディラインのピアノのメイン・テーマに安堵を感じはじめ、再度そのメイン・テーマが聴ける時にはバックにはブラシの比重を下げて展開していきます。そのメイン・テーマのモチーフを延長し盛り上げるように展開する4分前後からのブリッジをリンクに、4分30秒前後で再々度メイン・テーマが聴ける頃には、楽曲の冒頭部のミステリアルさや不安な心地を忘れてしまったかのように穏やかな一息ついてしまうんですよね。

当Webサイトでは、当楽曲「Galatea」が収録された1stアルバムのレビューも公開していますので合わせてご一読頂ければ幸いです。

▼アルバム:White Willow「Ex Tnebris」のレビューは下のリンクから▼
プログレおすすめ:Moraz and Bruford「Music for Piano and Drums」(1983年イギリス)

それでは次回、第14回目をお楽しみに。

関連記事

「Aurora Gone」by Midlake ~癒し系おすすめ楽曲12~

1日10分だけのページです。 1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、

記事を読む

「magritte」by Syndone ~癒し系おすすめ楽曲1~

1日10分だけのページです。 1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、

記事を読む

「Conte en Vert」by Terpandre ~癒し系おすすめ楽曲14~

1日10分だけのページです。 1日10分だけプログレッシブ・ロックの音楽を聴くことが出来たら、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 2017年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑